読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ototoの日記

プログラミングについてや、日々の私生活で思っていることを書いて行きます

AWS BlackBelt 動画配信 Summary

AWS webinarであるBlackBeltの動画配信を受講したのでまとめ 動画配信については全く知識が無い状態でのメモです。 Elemental Cloudが優秀そう。

  • オンデマンド配信

  • ライブ配信

    • リアルタイムに配信されているものを見る

動画配信における技術動向

最近のトレンド

  • マルチデバイス  
  • クライアントデバイス毎に対応
  • マルチキャパシティ
    • どれぐらいのアクセスがくるかわからない 
    • ライブなどはどれくらくるかわからない
    • 話題になると急にアクセスが増える

バイスごとに異なるフォーマットに対応する

  • サーバーサイドに下記ツールを導入する方法
    • wowza,
    • Adobe media server
    • unified streaming
    • elemental cloud

サービスとしてすでに提供されている EC2にインストールして使用もできる

  • クライアントでフォーマットを統一する方法
    • JWPlayer, VIDEO.JS, flow player

おすすめの構成

  • S3,CloudFlontにHLSで動画を置く

  • コンテンツの数、サイズの増加に対応する

    • S3, Elastic Transcoderを使用

AWSを使えば従量課金 CloudFrontの利用を推奨

求められる基盤要件

  • オンデマンド
    • 安定
  • ライブ配信
    • イベント時のみ
    • 想定できない規模の配信に耐えられるキャパシティ

PaaS型配信サービス

  • Elemental could
    • 従量課金
    • 全てGUI
    • オートスケール
    • ライブ、オンデマンド両方
    • S3watch機能
    • 広告を挟む機能
    • DRMライセンスの機能

コスト試算

aws.amazon.com/jp/cdp/cdn-live

セキュア、プレミアム課金

  • CloudFrontの署名付きCookieを利用したアクセス制御
    • CloudFrontが正しい署名を持っているかチェック
    • SSLも使える
    • オンデマンド、ライブ両方
  • Elastic Transcoderの暗号化機能と組み合わせたコンテンツの保護
    • KMSと連携し映像自身も暗号化
  • DRMを利用したセキュア配信
    • WOOZAなどでSaaSDRM(BUYDRMなど)と連携
    • 一般的に数十万人のユーザーがいないとPAYできない

ライブ配信環境の冗長化 

大量のユーザーがいるのであればELB,ALBはボトルネックになる可能性があるので出来る限り使わない

最後に、

あとはMpeg-DASHにどうなっていくか

Clientのプレイヤーがあまり無い javascriptベースのプレイヤーもまだ安定していない

4K配信は? Elemental cloudは4K対応している